ホーム > 特集 > 過去の記事 >

一度は見たい 人気の世界遺産!

 
一度は見たい 人気の世界遺産!
一度は見たい人気の世界遺産!
JTBグランドツアー・ツアー責任者(添乗員)この秋おすすめの世界遺産をご紹介します。
世界遺産ナスカの地上絵/ふくろう男(イメージ) 世界遺産バンベルクの町並み(イメージ) 世界最高峰エベレスト(イメージ) 世界遺産セビリアの大聖堂(イメージ)
ペルー ドイツ ネパール スペイン
世界遺産ナスカの地上絵/ふくろう男(イメージ)

人々はいったい何のために、どうやって巨大な地上絵を描いたのか、その答えを正確に知り得ることはできるのでしょうか。謎がさらなる謎を呼ぶナスカの地上絵をぜひ、ご覧ください。

セスナ機での遊覧飛行でナスカの地上絵に迫る!

写真:遊覧飛行のセスナ機(イメージ)
遊覧飛行のセスナ機(イメージ)

最大級のものは全長274mにも及ぶナスカの地上絵。その全体像は上空からしか望むことができません。セスナ機のパイロットが案内する方向に目をやると荒野に地上絵が浮かび上がります。現在は、人々が雨乞いや儀式のために描いたのではないかという説が有力です。人々はなにを願ったのでしょう。約20分の空中散歩で謎に包まれる地上絵をご案内します。

地上の展望台からもナスカの地上絵に迫る!

写真:地上の展望台から見た手の地上絵(イメージ)
地上の展望台から見た手の地上絵
(イメージ)

さらに地上絵に迫りたい方へは、地上の展望台も訪れていただくことをオススメします。ナスカの人々はどうやって地上絵を描いたのか。地上絵はどのような大地に描かれたのか。実際に描かれた大地に立つことでナスカの人々の願いが浮んでくるかもしれません。地上からの見学は、自然の丘の上から地上絵をご覧いただきます。

写真:ツアー責任者(添乗員)森千江
ツアー責任者(添乗員)森千江がおすすめします!

大きな謎を秘めたままその姿を消しつつナスカの地上絵。ペルーを訪れるのならナスカの地上絵は必見です。ナスカの地上絵を詳しくご覧になりたい方は、「マチュピチュの麓に3連泊!感動のペルー大周遊 13日間」がオススメです。地上の展望台から地上絵をご覧いただき、遊覧飛行とはちがった顔が見えてくるでしょう。

ツアー詳細   ブログを読む   旅行説明会