期待を超える「感動」がある。

オランダ・ベルギー・ルクセンブルク旅行/ツアー

  • パンフレット請求

オランダ・ベルギー・ルクセンブルク旅行・ツアー

  • 添乗員同行ツアー

  • 個人型ツアー(ザ・グランシェルジュ)

おすすめのオランダツアー・ベルギーツアー・ルクセンブルクツアー

ブルージュ旧市街
ブルージュの旧市街に滞在
天井のない博物館と呼ばれる旧市街内に滞在。散策やお買い物もお好きなペースでお楽しみいただけます。自由行動中もご要望にあわせてツアー責任者(添乗員)がご案内しますので、一人参加でも安心です。
オランダの花
季節限定のお花の旅
オランダ・ベルギーに春の到来を告げる花のイベントを見学します。満開の花に囲まれて春を満喫しましょう。
オランダ・キンデルダイク
世界遺産・キンデルダイクの風車群
オランダの国土の多くは風車を用いてつくられた開拓地です。今では数少なくなってしまった風車は世界遺産として保存されています。

ビジネスクラス、中間エコノミークラス利用も人気です。該当のオランダツアー・ベルギーツアー・ルクセンブルクツアーについては、各詳細ページにてご確認ください。

ザ・グランシェルジュで行くオランダツアー・ベルギーツアー・ルクセンブルクツアー

グランプラス
世界でもっとも美しい広場のひとつグランプラス
ホテルから徒歩圏内のグランプラス近くには、食べ物横町とよばれるレストラン街や、チョコレートやワッフルなどのスイーツのお店、美しいパッサージュ・ギャルリー・サンテュベールなど町歩きが楽しいスポットが集まっています。
個人型ツアー(ザ・グランシェルジュ)
芸術作品の宝庫アムステルダムとブリュッセル
アムステルダムのゴッホ美術館、レンブラントの大作「夜警」を収蔵する国立博物館、ブリュッセルのフランダース芸術の殿堂王立美術館など、世界の名作が集う芸術作品の宝庫です。

オランダ・ベルギー・ルクセンブルク旅行 添乗員同行ツアー

現在、募集中のコースはありません。新コースの予定が決まり次第お知らせします。

オランダ・ベルギー・ルクセンブルク旅行 個人型ツアー

現在、募集中のコースはありません。個人旅行としてお見積りいたします。 詳しくはこちら

オランダ・ベルギー・ルクセンブ...旅行・ツアー 催行決定・催行予定おすすめツアー

【最終更新日時】2017年05月10日10時

【決定】ツアーの出発が決定しています。
【予定】現在お申し込みいただいている人数であれば、ご出発いただけます。
【ツアー責任者】最終更新日時点での同行予定のツアー責任者(添乗員)名を記載しています。

※添乗員の同行しない「2名催行の旅」は掲載しておりません。お手数ですがお問い合わせください。

※JTBグランドツアーでは、一律のお申し込み期限を設けていません。
 今からでも間に合うかな?という場合もお気軽にご相談ください。

ツアー責任者ブログ 〜オランダ・ベルギー・ルクセンブルク編〜

loading

オランダ・ベルギー・ルクセンブルク現地情報

オランダ王国
オランダ王室を中心とする立憲君主制国家。日本語の「オランダ」とは、16世紀にもっとも勢力の強かった州・Hollandに由来しており、正式名称はネーデルランド王国という。国土は約4万1500平方kmと日本の九州よりやや小さい。国土の40%が海面下の低地であり、20%以上が13世紀以降の干拓工事によって造られたもの。貿易で財をなし、海洋国としてその地位を築き上げてきたオランダは、1648年にスペインから独立を果たし、17世紀には商業をはじめ、芸術、文学、科学などさまざまな分野で大きな発展を遂げた。植民地戦争やフランス革命下で領土を縮小したり他国領土となったりしたが、ナポレオン失脚後の1815年にネーデルランド王国として正式に独立した。第二次世界大戦後は工業化が進み、近代国家として発展。石油精製や石油化学が工業の中心で、そのほか酪農、園芸も盛んに行われている。特に園芸においては、世界の切り花市場の8割がオランダ。中でも代表的な花・チューリップは、その品質などにおいて世界のリード役となっている。また、オランダでは家庭でも花を楽しむのが一般的。家々の窓辺やベランダいっぱいに花が飾られている。
ベルギー王国
ベルギーは、北海に面した面積約3万528平方kmの国で、運河や川が多く、おとぎ話に出てくるような可愛らしい町が各地に点在する。公用語はオランダ語、フランス語、ドイツ語。国内には10の州があり、主要言語の違いによってオランダ語圏の北部(フランドル地方)とフランス語圏の南部(ワロン地方)に二分される。そのルーツは5世紀に、ゲルマンのフランク族の侵入によって、ローマ帝国が北部を放棄し、南部へ後退したことによる。第2次世界大戦時にはドイツに占領されたが、解放後の1944年以降は比較的早く復興を遂げ、1980年の憲法改正により連邦制の国家となったことで、国内各地域の自治権が増大した。産業では、オランダ国境近くのアントワープが世界最大級のダイヤモンド集散加工地で、取り扱い高は全世界の70%。また、中世から続くベルギーの伝統工芸品といえばボビンレースで、18世紀には繊細さと美しいデザインがヨーロッパ各地で珍重された。リエージュのガラス工芸も有名で、ヴェネチアやボヘミアなどから技術を取り入れ、独自のクリスタル工芸を築いている。フランス食文化の影響を受けた料理や各地で作られる地ビールでも知られる。
ルクセンブルク大公国
古代から中世にかけて統治権が変遷、ナポレオン失脚後のウィーン条約で大公国として自治を確立。その後曲折を経て、固有の君主を有する現在の独立大公国となった。面積2586平方KM、神奈川県とほぼ同じ大きさで、市内を離れると深い森と渓谷におおわれた小さな町が点在する。戦後は鉄鋼業で栄え、近年は金融業が発展。EU(欧州連合)の主要機関が置かれるなど、ヨーロッパ経済の中枢としての役割を担う。

言語

オランダ王国
オランダ語
ベルギー王国
オランダ語、フランス語、ドイツ語
ルクセンブルク大公国
ルクセンブルク語、フランス語

気候

オランダ王国
海洋性気候,南東部の丘陵地帯は大陸性気候の影響を受ける。
ベルギー王国
海洋性気候。メキシコ湾流の影響で高緯度の割には気候は穏やか。
ルクセンブルク大公国
北部:高原地帯、南部:北部より穏やかな気候。年間平均的な降雨量。

四季

オランダ王国
春(4月~5月)はチューリップが咲き,最も美しい季節である。夏でも気温は20度前後であまり暑くはならない。夏至の頃は朝の4:00には夜が明けはじめ,夜は21:00を過ぎても明るい。その代わり,冬の夜は長く,昼間もどんよりした日が続き太陽があまり出ない。冬至の頃は9:00頃になっても薄暗く,16:00過ぎには太陽が沈みはじめる。
ベルギー王国
春は遅く4,5月でも肌寒い事が多い。6~8月にかけてが他のヨーロッパ諸国と同じ様に最も快適な時期だが、気温はあまり上がらないので夏には暑さを求めて南フランス、イタリア、スペイン等の南欧に出かける人が多い。秋はアルデンヌ地方の紅葉が美しい。冬は霧と共にやってくる。曇天と雨天の暗い日が続き、雪も降るが年数回程度。気温は低いが室内の暖房が完備されている為、寒さで困る事はない。10~4月位まで一年の半分はコートが必要。全般的に雨がよく降り子供はフード付きジャンパーやコートをいつも身につけている。
ルクセンブルク大公国
春は遅く4、5月でも肌寒い事が多い。6~8月にかけてが他のヨーロッパ諸国と同じ様に最も快適な時期だが、気温はあまり上がらない。冬は曇天と雨天の暗い日が続くが、降雪は年数回程度。気温は低いが室内の暖房が完備されている。10~4月位まで一年の半分はコートが必要。年間を通して平均的に雨が降る為、子供達はフード付きジャンパーやコートを身につけている。

時差

オランダ王国
日本との時差は-8時間。オランダの方が遅れている。
ベルギー王国
日本との時差は-8時間。ベルギーの方が遅れている。
ルクセンブルク大公国
日本との時差は-8時間。ルクセンブルクの方が遅れている。

通貨

オランダ王国
ユーロ EURO/S 100セント CENT/S
ベルギー王国
ユーロ EURO/S 100セント CENT/S
ルクセンブルク大公国
ユーロ EURO/S 100セント CENT/S

ツアー

ツアー

ツアー検索

  • 北欧・ロシア
  • 東欧
  • 北米・ハワイ
  • 西欧
  • アジア・中国
  • 中近東・中央アジア
  • アフリカ
  • 中南米・南極
  • オセアニア・太平洋

出発月

方面

国・地域

お問い合わせ

03-5766-3300
お問い合わせフォーム