期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー

ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー

ツアー責任者(添乗員)の素顔に迫る!

JTBグランドツアーのツアー責任者(添乗員)のインタビューです。普段は聞けない生の声を聞くことができます。

今回は添乗歴20年以上の大ベテランのチーフ・ツアー責任者、関根 新吾(せきね しんご)の登場です。

  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
本日は、よろしくお願いいたします。さて、ベテランの添乗員さんのスーツケースの中はどうなっているのか興味があるのですが......。まずは、スーツケースの中身についてお尋ねしてもよろしいですか?

はい。いいですよ。絶対にスーツケースの中に入っているものは、ワイン・オープナー。それに、割り箸が何膳かですね。もちろんお客様のためです。ワインを買ってホテルの自室で飲みたい時、ワイン・オープナーが備えられていないホテルが多いのです。そんな時、お客様にお貸しするんですよ。ワインは飲みたい時に飲むのが一番ですからね。割り箸は、ナイフやフォークが苦手なお客様のために常時、持ち歩いています。

  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
さすがの気配りですね。では、ご自分のためにお持ちになるものは?

スリッパは使い捨てにできるもの、肌着類は着古したものを持って行って、使ったら現地で捨ててしまいます。最近は、航空機の機内預け荷物の重量制限が厳しくなっていますから、少しでもスーツケースの重量を減らす工夫です。 それに、小さく折りたためるショッピングバッグは便利ですので、いつも持っています。もちろん身だしなみも大切ですから、シューズクリーナーも持っていますよ。 そうそう、シャンプーやせっけんは自分に合ったものを持ち歩いています。

  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
せっけんくらい、ヨーロッパだったらホテルに置いてありませんか?

置いてありますよ。でも、私には合わないんです。だから、いつもマイ・シャンプーにマイ・せっけん持参です。ホテルに備え付けのものですと香りが強すぎることもありますし、普段使い慣れたものが一番いいんです。

  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
お客様に「これはお持ちいただいたらいいですよ」というものを教えてください。

はい、まずはお薬。これは、ご自分に合ったものをお持ちください。胃薬でも風邪薬でも、普段飲みなれているものが一番です。それから、ミニ洗面器。ヨーロッパのクラシックなホテルですと、シャワーが固定式になっているところが多いのです。そういった時でも、ミニ洗面器があれば、肩にお湯がかけられます。100円ショップで売られているもので十分です。現地で捨ててしまっても惜しくないものがいいですよ。お洗濯をするのでしたら、物干しロープや物干しピンチ。100円で手に入るものをお持ちになってもよろしいでしょう。

ああ、お洗濯といえば......。特に、ヨーロッパ方面にお出かけの時、スーツやワンピースなどのおしゃれ着をお持ちいただくことがありますよね。それが、スーツケースの中で皺になってしまった場合のとっておきの対処方法を伝授しましょう。まずバスルームで、熱いお湯を出して湯気をたてます。そして、カーテンレールに皺になってしまったお洋服を掛けておくのです。一晩、そのままにしておけば見事に皺がなくなりますよ。ぜひ試してみてください。

  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
なるほど。いいアイデアですね。私も、今度この方法を試してみます。
さて、ベテランとはいえども新人のときはあったはず。初添乗のエピソードを伺えますか?

初添乗は、香港でした。とある企業の団体で、たしか添乗員が4人いたと思います。その中のひとりが私というわけで。

初添乗ということでドキドキだったのでは?

いいえ、別に(笑)。私は、それまで現地手配会社に勤務していて、香港に駐在していたこともありましたので、チーフ添乗員よりも、現地については詳しかったのです。

  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
初添乗から、すでにベテランだったのですね(笑)。その時、何か事件はありましたか?

ありましたよ。高層ホテルに泊まったんですが、2基あるエレベーターが両方とも壊れてしまったんです。具合の悪いことに、朝食会場が46階にあったんですね。朝食をとるのにも一苦労です。非常階段を昇らなくてはならないのですから。

エレベーターは、すぐ直ったのですか?

日本から到着した翌朝にエレベーターが壊れて、翌日の夕方に復旧しました。ですが、観光に出かけるときに、1階のロビーに集合することができなかったんです。なにしろ、お客様は、30階~40階にご宿泊なのですから。非常階段が集合場所でした。

  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
お客様も大変ですね

私は、非常階段を2往復しました!

エレベーターも直って、そこから順調だったと思いますが......。

それが、そうでもないのですよ。朝食会場が宴会場でもあって、ちょっとした宴会ができるんですね。そこで、エレベーター事件があった日の晩、皆さん気を取り直してカラオケ・パーティーをしたんですが......。今度は、マイクの調子が悪くて音がでないんです。結局、30分後に直り事なきを得ましたが、そのせいで終了時刻も遅くなってしまいました。

  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
その日は、朝からエレベーター事件もあって、長い一日でしたね。

お客様がお部屋に入ってから、ようやく同僚と夜の香港に繰り出して食事をしました。もう忙しくって、朝から何も食べていなかったので。それが、その日で最初の食事(笑)
あの時は、なんてことがない大衆的な食堂で、野菜炒めと魚の蒸しもの、チャーハン、それからビールをいただきました。美味しかったですねぇ。それで、翌朝は5時に起床(笑)

  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
まぁ、大変。ほとんど寝ていないのではないですか?

2泊3日のツアーでしたが、睡眠時間は合計で6時間なかったと思います。帰国のとき、航空機の離陸の瞬間を覚えていない程眠くて、座席についてシートベルトをつけた瞬間眠ってしまいました。(離陸も覚えていないくらい...笑)

  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
お疲れ様でした。ところで、たくさんおいでになっているというパリのお話も伺えませんか?

パリには、200回以上は行っていると思います。平均、1年に10回以上のペースで行っていましたから。

  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
パリですと、自由行動の時間が楽しいですけれど、オススメのレストランを教えていただけませんか。

地元の人が行くカフェでランチというのもいいですし、ガイドブックには載っていない、田舎料理を食べさせるレストランなんていいですよ。ハウスワインをとって、今の季節だったらジビエ(鹿など野生動物)なんていいですね。冬場のヨーロッパは美味しいものがいっぱいです。ムール貝、牡蠣......、春先にはアスパラ。

あの、オススメのレストラン......。

レストランの具体名はヒミツです。そうそう某高級レストランのハト料理は最高! レストランに行かなくても、パリにはいいパン屋さんが多いので、サンドウィッチとコーヒーを買って、公園で食べるというのもいいですよ。アジアの味が恋しくなったら、日本料理よりもリーズナブルな中華料理などいかがでしょう。

  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
そのほかの、パリの楽しみといえば何でしょう。

私は、こう見えてもレビューが大好きなんです!!ムーラン・ルージュとか、リドとか。もう40~50回くらい行っていると思います。シャンパンを飲みながらすばらしいショーを観るのは最高ですよ。

また、クラシックもいいですよ。以前はオペラを観て寝てしまったこともありますが、今は大好きです。皆様もぜひヨーロッパに行かれた際には、オペラなどを鑑賞してみてはいかがですか?立ち見でも雰囲気を味わう事ができるのでおすすめです。

ところで、オススメの旅行先としてはどこが挙げられるでしょうか。

まずは、イタリア。遺跡がたくさんあったり見所がいっぱいあるというのが一番の理由です。食べ物も、買い物も日本人の好みにあいますし。

それから、アフリカでしょうか。ケニアとか、タンザニアとか。
自然とのふれあいとでもいうのでしょうか、作られたものではない大自然があります。野生の動物は、人間が作ったものではないのです。

ポルトガルもいいですね。ヨーロパ最西端であり、ここから大航海時代はじまったいうロマンがある国です。日本と古くからつながっているということで、親しみもありますし。シーフードも美味しいですしね。タコもいいですし、イワシ料理は最高です。イワシはトマト味でもいいし、塩焼きもいけます。

  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
  • イタリア
    フィレンツェ
  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
  • ケニア・タンザニア
    カバ
  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
  • ケニア・タンザニア
    マサイ族の方々との交流
  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
  • ポルトガル
    大航海時代のといえばこのモニュメント
  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
最後に、このページを見てくださっているグランドツアーのお客様と未来のお客様にメッセージをお願いします。

グランドツアーでなければ、できないことがあります。
一緒に感動体験をしましょう!

本日は、どうもありがとうございました。

(インタビュアー:杉江)

ツアー責任者ブログを見る

  • ツアーを探す
  • パンフレット請求
  • メルマガ登録

お問い合わせ・お申し込み・ご相談

お問い合わせ・お申し込み・ご相談

パンフレット請求

ツアー検索

  • 北欧・ロシア
  • 東欧
  • 北米・ハワイ
  • 西欧
  • アジア・中国
  • 中近東・中央アジア
  • アフリカ
  • 中南米・南極
  • オセアニア・太平洋

出発月

方面

国・地域

お問い合わせ

03-5766-3300
お問い合わせフォーム