期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

佐藤明日子ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

「食」のシルクロード

2017年05月19日

今日は中央アジアの食べ物のお話をひとつ。

カザフスタンに限らずウズベキスタンやトルクメニスタンなど中央アジアの国々は、

ユーラシア大陸の「ど真ん中」に位置するため、

シルクロードの昔から数々の民族が行きかい、多くの戦いの舞台にもなりました。

そんな中央アジアの国々では、食べ物の中にも「ど真ん中」を感じることの出来る

興味深い一品がいろいろあります。

*** 

たとえば、コレ。

「マンティ」と呼ばれる料理ですが、天山山脈の東、つまり中国の影響をもろに感じる一品です。

味は蒸し餃子そのもの。ポン酢やしょう油をかければ日本人にも涙物の一品になります。

次は、コレ。

「シャシリク」です。トルコや中近東でおなじみのシシカバブですね。

カザフスタンのちょっとオシャレなお店では、炭火で焼いたあと串から抜いて、

うすーいナンでラッピングされて出てきました。

本当は煙がもくもく出ている屋台で食べたい一品です。

そして、今回のカザフスタンツアーで一番人気だった料理は、コレ。

「サモサ」と「ラグマン」です。

サモサはミートパイ。ラグマンは焼きうどんと言ったところでしょうか。

とくにラグマンは、これもマンティと同じく中国の影響を感じます。

中国の麺料理が天山を越えてラグマンになり、さらにシルクロードを西へ西へ。

イタリアにたどり着いてスパゲッティになった。。。

そんなことを思いめぐらし涙するのは、私だけでしょうか?

***

この他にも、ピラフの原型とも言われる「プロフ」や、日本の肉じゃがそっくりの「ディムラマ」など、

西と東の味が合体したような料理がたくさんあるんです。

あぁ、「食」のシルクロード・中央アジア!!

飛べない私。過酷なツアーのはずなのに、食べ物が美味しくてちっともやせなかった。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 佐藤明日子 ( 2017年05月19日 14:40 ) |  メッセージを送る(0)

カザフスタン 心躍る絶景の数々

2017年05月15日

2017年4月28日発 カザフスタン 奇跡の大地へ 9日間

ゴールデンウィークを過ごした中央アジアのカザフスタン。

荒野の中にこつぜんと姿を現すトゥズバイル塩湖と

白亜の断崖ボジュラの絶景。

写真でどうぞ、ごらんください。

風が強くて鏡張りにはなりませんでしたが、これはこれで、やっぱり絶景!/トゥズバイル塩湖

そそり立つ白亜の断崖。4WD車と比べてみてください!/トゥズバイル塩湖

ボジュラの渓谷を上から見下ろすと・・・/ボジュラ(白い谷)

渓谷の下におりてテントで1泊。朝日に輝く岩山に感動/ボジュラ(白い谷)

私のコンパクトカメラやアイフォンのパノラマモードで撮った写真ばかりです。

世界の絶景をお探しの方は、カザフスタンへGO!

(写真はすべて佐藤撮影)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 佐藤明日子 ( 2017年05月15日 17:48 ) |  メッセージを送る(0)

これぞ絶景!カザフスタンの大地

2017年05月08日

2017年4月28日発 カザフスタン 奇跡の大地へ 9日間

"冒険ツアー"から元気に帰国しました。

カザフスタン西部に広がる奇跡の大地を4WDで駆け抜ける旅。

私にとっては昨年に引き続き2度目の訪問でしたが、

昨年とはまったく違う景色を目にすることができ、

大自然の不思議を感じました。

出発前は、雨の予報が出ていたため道路状況を心配しましたが、

行ってみれば快晴続き。

昨年道が崩れていて行けなかったボジュラの谷底へも下りることができ、

強風と闘いながら感動の一夜を過ごしました。

ボジュラの朝。今回は奇岩の近くでキャンプ出来ました!(撮影:佐藤)

《ご参加の皆様へ》

テントでの2泊は強風に襲われ、テントが崩壊。

辛い夜を過ごされた方もいらっしゃいました。

さまざまなハプニングを笑顔で吹き飛ばす。

そんな、たくましい皆様に感謝いたします!

たくさんのご協力をどうもありがとうございました。

今回は巡礼宿に泊まらずテント2泊の日程でしたが、

お天気と道路のコンデションに恵まれ、

素晴らしいガイドさんと頼れるドライバーたちのおかげもあり、

期待以上の絶景を楽しむことが出来ました。

私は今回の旅の成功をカザフの神に感謝し、

一生分の運を使い果たしたような気分とともに

奇跡の日々を思い返しています。

トゥズバイル塩湖。水がありましたが風が強くて鏡張りにはなりませんでした。(撮影:佐藤)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 佐藤明日子 ( 2017年05月08日 18:16 ) |  メッセージを送る(0)

中央アジア・カザフスタンへ出発

2017年04月27日

2017年4月28日発 カザフスタン 奇跡の大地へ 9日間


明日から中央アジアのカザフスタンへ行ってきます。

トゥズバイル塩湖とボジュラの2大絶景をテント2泊で訪問できるよう

昨年までの日程をすこし変更しました。

その分一日の移動距離が長くなりますが、辛いとかしんどいとか、

そんなことすら忘れてしまうほどの絶景が続きます。

雨の具合によっては道がぬかるんだり、先に進めなくなったり、

いろいろあると思いますが、困難を感動に変えられるよう、

昨年の経験を活かしてご案内しようと思っています。

ボジュラ(昨年4月綾部撮影)

《ご参加の皆様へ》

旅のご準備は万全でしょうか?

現地からの情報によれば、今年の4月も結構雨が降り、

塩湖の水は十分あるものの道路状況がやや心配とのこと。

でも、行ってみなければわからないことだらけの場所です。

不安や心配を好奇心に変えて。

奇跡の大地を遊びつくしましょう!

カスピ海(昨年7月佐藤撮影)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 佐藤明日子 ( 2017年04月27日 13:00 ) |  メッセージを送る(0)

【遊び足りない大人たちへ】キルギスの旅、発表!

2017年04月24日

グランドツアーが提案する新しい旅の形

地球旅 ~まだ遊び足りない大人たちへ ~

中央アジアのキルギスを訪れるツアーを発表しました。

2017年7月25(火)発

みずがめ座流星群を観測する キルギス 9日間

*** *** ***

私が敬愛する井上靖氏。

「西域物語」「敦煌」は子供のころから何度も読み返しました。

井上氏もイシククル湖には大いなる関心を抱いておられたようです。

でも、時代はソ連。

イシククル湖は外国人の立ち入りが禁止されていたので、

井上氏はついぞこの湖を見ることができなかったそうです。

幸せの風景。イシククル湖と天山山脈。気軽に行ける時代になりました。

*** *** ***

夏の短い間だけ遊牧民が馬や牛を連れてやってくるソンクル湖。

標高3,000mにある天空の湖です。

遊牧民の移動式住居「ユルタ」に泊まり、星空を眺める。

そんなツアーがこの世にあってもいいな〜。

そんな一途な想いだけで、このツアーを創りました。

みずがめ座流星群が極大を迎えるという7月30日。

みずがめ座の私と一緒に、一生に一度の贅沢な一夜を

ソンクル湖で過ごしてみませんか?

通り雨、そして虹。一瞬の自然現象に感嘆の声を上げ....

つかの間の夏をいとおしむように暮らす遊牧民/ソンクル湖

*** *** ***

シルクロード時代から続く活気あるバザールを訪ねたり、

ユルタの素材にもなっているフェルト作りを体験したり。

7月はメロンの季節。地元のバザールで蜜のように甘いメロンを購入

お母さんたちのフェルト作りを見学。弟子入りしたいなぁ。

ほんとうに素敵な国なんです、キルギス。

2017年7月25(火)発

みずがめ座流星群を観測する キルギス 9日間

皆様のご参加を石人がお待ちしております!

(写真はすべて昨年7月佐藤撮影)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 佐藤明日子 ( 2017年04月24日 10:35 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

佐藤明日子

(さとうあすこ)

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索

佐藤明日子 プロフィール

訪問国数120か国以上、添乗日数3,400日以上、世界一周クルーズでの勤務経験あり。世界をバックパックで放浪した経験を活かし、どんな秘境もおまかせできる。米どころ新潟県出身。

------------------------------
■添乗モットー
信頼・平等・笑顔

■好きな国・地域
山と砂漠とバザールのある国

■趣味・特技
トレッキング・貯金