期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岡田彩ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

夏に行きたい!ギアナ高地で水遊び!

2017年04月21日

セスナ機からエンジェルフォールを激写!(撮影:森)

私が夏に訪れたい場所、それはやっぱりギアナ高地!

夏といえば、水遊び。
私も、毎年、自宅の小さな庭で、ビニルプールを出して、
5歳の息子と遊んでいます。

水遊びのスケールもピンからキリではありますが、
そんな中でも、1番心に残るスケールの大きな水遊び体験が、
私にとっては、ギアナ高地なのです。

水着に着替えて、岩壁と滝の間を歩いたり、
大自然の造形を目に焼き付けながら、足を水に浸したり。
雨季のジャングルなので、もちろん、雨に遭遇する可能性は高いのですが、
雨に降られることさえも、もうどうでもよくなるくらい、ぬれることが楽しくなるのです。

もちろん、世界最大の落差のエンジェルフォールは言うまでもなく、
感動します。
雨季のこの時期だからこそ、滝を真下から見上げるポイントにたどり着けます。

是非、この夏は、ギアナ高地で童心に返って、水遊びを楽しみませんか?

〔催行予定〕
6月22日(木)・8月11日(金) 落差世界一の滝。エンジェルフォールに迫る ギアナ高地 9日間

間もなく、催行決定できそうです!
お問い合わせ・お申し込みはお早めに!

◎南米の大自然を楽しむツアーの一覧はこちら>>

-----------------------------------------------------------
そのほかのツアー責任者のおすすめはこちらです!

・夏に行きたい!キューバ [池田明大ブログ]
・夏に行きたい!イエローストーン [山本光一ブログ]
・夏に行きたい!カナディアン・ロッキー! [高橋輝ブログ]
・夏に行きたい!ニュージーランド! [松前 光男ブログ]
・夏に行きたい!スイス! [河内山太朗ブログ]

・夏に行きたい!純白と深緑の世界! [青沼潤ブログ]
・夏に行きたい!やっぱり、サファリでしょ♪ [清水喜裕ブログ]
・夏に行きたい!毎年でも訪れたいあの国々 [内山智ブログ]
・夏に行きたい!グリーンランド [川井麻紀子ブログ]
・夏に行きたい!乗ってみたいシベリア鉄道! [関根新吾ブログ]

・夏に行きたい!野生動物の宝庫ケニアへ [綾部正洋ブログ]
・夏に行きたい!涼しいカナダ [平野健ブログ]
・夏に行きたい!スペインの魅力![岩井六朗ブログ]
・夏に行きたい!癒しのアフリカ [加藤悦子ブログ]

・夏に行きたい!英国スコットランド! [龍谷秀昭ブログ]
・夏に行きたい!暑く熱い夢の国スリランカ [佐藤明日子ブログ]
・夏に行きたい!アイスランド [山名敦子ブログ]
・夏に行きたい!避暑地スイス [山口瞳ブログ]
・夏に行きたい!世界遺産アレッチ氷河を歩く! [黒石智之ブログ]

・夏に行きたい!エジプト [柏木康宏ブログ]
・夏に行きたい!南米周遊の旅 [森千江ブログ]
-----------------------------------------------------------

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岡田彩 ( 2017年04月21日 09:06 ) |  メッセージを送る(0)

トルクメニスタンにご一緒しませんか?

2017年03月28日

地獄の門(撮影:綾部)

5月14日「ダルワザの「地獄の門」と3大世界遺産をめぐる トルクメニスタン探訪 8日間」
が催行決定しました!

そして、そのコースに同行させていただくことが決まりました。
私にとっては、6年ぶりの1人での添乗。
先日は、謝恩企画で香港に行かせていただきましたが、
通常のツアーでの同行は本当に久しぶりです。
多少の緊張はありますが、どちらかといえば、ワクワク。

またお客様と、旅の感動を共有できることを、心から楽しみにしています。

5月のトルクメニスタンは、暑すぎず、寒すぎず、
1年の中では最も過ごしやすい時期です。

私自身、トルクメニスタンは以前訪れたことがありますが、
前大統領の時代でした。
その際は、陸路で入りましたが、国境の係員が昼食に出てしまい、
1時間ほどコンクリートの簡素な建物の前で、お客様と座り込んで、おしゃべりをしていたことを思い出します。
お嫁さんが義父と話してはいけない、
など男性優位の考え方の強い国だという印象が強烈でした。
また、博物館に展示されている絨毯が、トルコのそれに劣らないほど素晴らしかったことも覚えています。

いつかもう1度、訪れたい・・
そう思っていた国でした。
恐らく、私が前回行った時より、さらに近代化が進み、
周囲の国との関係も変化しているのではないかと思います。
そのお国柄また、変化を知ることが本当に楽しみです。

お客様と「地獄の門」を見ながら、
星空を見ながらのテント泊も童心に返って満喫したいと思います。

ビザの関係から、来月上旬が、募集できる期限となります。
この機会に是非!という方がいらっしゃいましたら、
お早めにお問い合わせくださいませ。

ご一緒にトルクメニスタンという未知の世界を探検しに行きましょう!


  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岡田彩 ( 2017年03月28日 15:25 ) |  メッセージを送る(0)

はるばるパンタナールへ!

2017年03月06日

小型プロペラ機の車窓から(撮影:岡田)

昨年12月に視察で、パラグアイのパンタナールへ行きました。

成田空港→ダラス→ブエノスアイレス→アスンシオンの大移動の後、
小型プロペラ機に乗って、パンタナールエリアへ。

移動が決して悪いものではないということを実感した空路でした。

前日も遅くまでミーティングで、睡眠不足であったにもかかわらず、
窓に広がる景色に釘付け・・・

右に左に繰り広げられる移り変わる景色に、カメラのシャッターを常に押し続けた移動でした。

雲の切れ間から除く世界最大級の湿地帯、
水に映り混む雲、
永遠に続くジャングル、
大自然の中に突然出現する居住地。

狭い機内で、ナチュラル・ガイドがプロペラ機の音にかき消されることのないような声量で
スペイン語で、地形について説明してくれます。

その音が、なんとも遠くまで来たことを実感させてくれ、
旅情をかきたてるのでした。

移動中まで楽しい旅は、珍しく、
遠くまで来た甲斐があったなぁと、今更ながら、しみじみと思うのでした。

小さく見えますが、12名乗り!(撮影:岡田)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岡田彩 ( 2017年03月06日 17:04 ) |  メッセージを送る(0)

パンタナールでピラニアづくし

2017年02月10日

最後の最後で釣りました!(撮影:岡田)

昨年、12月にパラグアイ・パンタナールへ視察に行ってきました。

食事も想像していたより、本当においしくて、正直、驚きました。
その中でも、ピラニアは淡泊な白身で、食べやすかったです。

パラグアイ・パンタナールでは、まだホテルがないため、
私たちは船で寝泊まりしました。

生まれて初めて、ピラニアを釣りました。
前回はブラジルのアマゾンでチャレンジしましたが、不発で、
釣れた時の感動といったら、言葉に出来ないほど、大きなものでした。

そして、船でバーベキューパーティー。
ピラニアは、刺身とスープとなって出てきました。
お刺身は、きちんとお醤油で漬けにしてあり、わさびもありました。
ピラニアの漬け。お米と一緒に漬け丼にしました(撮影:岡田)

スープは良い出汁が出ていて、
観光で冷えた体を温めてくれ、おかわりをしたほどです。
ピラニアのスープ。自分で再現したいほどの絶妙な味付けでした!(撮影:岡田)

パンタナールで、釣りの楽しさを覚えたのでした。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岡田彩 ( 2017年02月10日 09:13 ) |  メッセージを送る(0)

笑顔いっぱいの年始め

2017年01月11日

今年は、勝手ながら、これまで以上に良い年になる気がしています。

年末年始は実家に帰り、おいしいものをたらふく食べて、
両親や友人たちと、とにかく飲みました。
息子と温水プールで泳ぎました。

何年ぶりかのスキーも体験。
普段のジョギングの成果もあって、筋肉痛になることもなく、
気持ちよく楽しめました。

高校時代の友人がアメリカから帰国。
なつかしい顔ぶれで、集まりました。

年始から、毎日、笑顔。

これから、香港添乗に、年に一度の家族旅行も控えています。

昨年以上に、笑顔あふれる年にしたいです。

昨年最後の満面の笑み。パラグアイ・パンタナールにて(撮影:岡田)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岡田彩 ( 2017年01月11日 09:19 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岡田彩

(おかだあや)

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索

岡田彩 プロフィール

おっとり、ゆっくり、マイペースな浪速娘(なにわっこ)。
ギリシャ・ローマ遺跡が大好き。
ママ業とのかけもちで添乗に出られない分、80ヶ国の以上の訪問経験を活かして、お客様にご満足いただける個人旅行の提供に全力を尽くす。

------------------------------
■プロフィール
大阪生まれの旅行とアルコール大好き人間です。大好きな地域は、イスラム圏。モスクからのお祈りの呼びかけ・アザーンを聞くとワクワク、ローマ遺跡に行くと目がキラキラ。チビで童顔ですが、旅先ではお任せください。必ず楽しい旅を演出いたします。

■添乗モットー
お客様と同じ目線で、旅を楽しむこと!

■好きな国・地域
文化・遺跡系 1位 シリア・ヨルダン、2位 ギリシャ、3位 トルコ / 自然系 1位 アルゼンチン・チリ(パタゴニア)、2位 アイスランド 、3位 スイス

■趣味・特技
秘湯巡り・日本列島ドライブ・おいしいお酒とご飯・泳ぐこと